八幡浜ライオンズクラブ

活動報告2018年度

2019/4/13 エコキャップ回収事業

Atacched File

今年度もエコキャップ回収をして世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)を通じて世界の子供に届けています。
 
どのような流れで八幡浜から世界に子どもたちにワクチンをとどけているかというと、
①八幡浜ライオンズで八幡浜市、近隣伊方、三瓶などからエコキャップを回収
②八幡浜ライオンズで計測をして松山市の指定回収業者に持ち込み計測
③エコキャップは、回収業者によってリサイクル資源として売られます
④売られた際の売却益がJCVへの寄付となります
⑤UNICEFと連携して、世界のワクチン工場へワクチンを発注します
⑥製造されたワクチンは冷凍のまま空輸で、支援国へ届けられます
⑦支援国のワクチン保管センターで冷蔵・冷凍状態で保管されます
⑧各地の予防接種会場で子どもたちへワクチンを接種します
このような流れになっています。
 
今年度もみなさんのご協力で、ペットボトルのエコキャップで2,050キロ、513人の子どもたちの命を救うことができました。
この事業は、ライオンズ全体で回収などを取り組まなければいけないとても大変な事業です。次年度以降も八幡浜ライオンズのメンバー一丸になり世界の子どもたちのために回収事業がんばっていきましょう。
 
Atacched File