八幡浜ライオンズクラブ

活動報告2014年度

2015/1/8(木) 1月第一例会・新年合同例会

八幡浜ライオンズクラブ・八幡浜みなとライオンズクラブ 新年合同例会

平成27年最初の例会は、毎年恒例の2クラブ合同例会です。1月8日に八幡浜センチュリーホテルに両クラブのメンバーが集い、新年を迎えての思いを語らい合いました。

Atacched File Atacched File

まず初めに、我が八幡浜ライオンズクラブ会長松本昭子氏が「両クラブは、切磋琢磨するためにあるのだと思う。」と挨拶しました。また早朝の奉仕作業中に、パトカーが通り「ありがとう」と言って頂き、すがすがしい思いがしたエピソードを交え、「させて頂いている」という心が奉仕の基本であると述べました。

Atacched FileAtacched File

次に、八幡浜みなとライオンズクラブの清家会長が挨拶に立ち、「私は32代目の会長となるが、30数年の間、このような形で仲良くやってきた両クラブのようなお付き合いは、他にはないのではないか」と述べました。また、「戦後70年の節目を迎え、日本に於いて大きな戦争は起こっていないが、小競り合いは世界中で起こっている。今年は世界平和を改めて考える年にしたい。自由・知性・国家安全を掲げる団体として、家族を守るためにもそのことを深めたい。」と熱弁していました。

Atacched FileAtacched FileAtacched File

その後、石崎久次幹事より、八幡浜工業高等学校が昨年11月にロシア・ソチで開催されたロボット競技の国際大会でベスト16となったことの報告及び援助に対するお礼状が届いていること、また八幡浜少年ホームよりサッカーゴール寄付へのお礼状が届いていることの報告がありました。

Atacched FileAtacched FileAtacched File

その後、八幡浜みなとライオンズクラブより新入会員の紹介や、両クラブの報告連絡がありました。

Atacched FileAtacched File

会議の後は懇親会となり、八幡浜みなとライオンズクラブの第一副会長仙井恵久氏が乾杯を発声し、両メンバーは杯を酌み交わしつつ交流を深めました。

Atacched FileAtacched File

懇親会の結びには我がクラブの第一副会長 上甲英司氏によるライオンズローアにて締めとなりました。